ワイヤレスモバイルバッテリーを買い換えた

ワイヤレスモバイルバッテリーを新しいのに買い換えました。前買ったやつはマニラでタクシーから降りるときに落としてしまってコンクリートにガッツーンってなり、けどまあ別に動作に支障ないしなと思って使ってたらある日突然めちゃくちゃ膨張してて怖くなって捨てました。膨張するメカニズムはよくわかりませんがそのまま使ってたらよくないことはわかる。

DSCF3100
というわけで買い替え。せっかくなので今までと違うメーカーのやつにチャレンジ。TOVAOONという会社のやつ。

DSCF3101
本体はこんな感じ。マットな手触りで手のひらサイズ。

DSCF3106
DSCF3107
大きさ、厚さともにiPhone XSと同じぐらい。出かけるときにふたつまとめてポケットに突っ込んでおけばいざというときに安心。

DSCF3104
本体の充電はマイクロUSB経由で。

USBポートがついているので有線での充電も対応。有線で充電しながらワイヤレス充電することもできます。たとえばiPhoneは充電中も操作できるようにケーブルでつないで、AirPodsは本体に乗っけてワイヤレスで充電する、みたいなことができます。書きながらそんなシチュエーションいつ来るんだと思いましたがやろうと思えばできます。

DSCF3105
バッテリー容量は10,000mA。残量は4つのLEDインジケーターで確認可能。写真は開封時の残量。あんまり残量ないので届いたらすぐ充電しよう。

ワイヤレスのモバイルバッテリー、ケーブル持ち歩かなくていいから便利なんですよね。飲み会行って終電逃したりすると朝までバッテリー残量ギリギリで精神衛生上よくなかったりするので、とりあえず磯丸水産のテーブルの上とかにポンと置きながら飲んでれば勝手に充電されます。いい。

あと活躍してくれるのが海外旅行中。海外のホテルってわけわからんところにコンセントがあったりするじゃないですか。「なんでベッドサイドにないのに窓の横にコンセントあるねん。窓際になんの電力が必要やねん」みたいな。ロシア、お前のことやぞ。

そんなわけで海外旅行よく行く人や、終電逃すまで飲む機会が多い僕みたいな頭の悪い人にはおすすめです。一台持っておくと安心。

5 件のコメント

      • ご返信ありがとうございます。
        FUJIFILMだったのですね、僕もFUJIのカメラを持ってますが、フィルムシュミレーションばかりで、、、
        ブログに採用されている写真は撮って出しでしょうか。それとも現像されているのでしょうか?
        写真が好みの写真ばかりできになってまして。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です