沼津港深海水族館に行ってきた

ずっと行きたいなーと思っていた沼津港深海水族館に行ってきました。変な生き物がいっぱいで楽しかったです。独特の形をしていたり、なぜか光ったり、びっくりするほど巨大だったり。いっぱい写真撮ったので記録しておきます。

DSC02247
入り口。沼津港から歩いてすぐ。

DSC02249
チケットは大人1,600円。

DSC02331
入り口すぐのところにはアブラボウズが。体の約40%が脂肪分の高級魚。水族館入ってすぐに魚を見るなり「食べてみたい」という感想を抱くのは日本人の習性だと思う。

DSC02252
ヤドカリみたいなやつ。

DSC02253
アンコウの仲間。アンコウ、小学生のときに図鑑でその存在を知って「頭の先の擬似餌で獲物をおびき寄せて捕食する特性かっこいい!」となぜか惹かれて毎日自由帳に絵を描いていた時期があります。変な生き物には謎の魅力がある。

DSC02261
内臓落ちてると思ったらウメボシイソギンチャクでした。

DSC02265
水槽の中で一匹だけ泳ぐのをサボってた子。ずっとふよふよしてた。

DSC02267
フグドリル

DSC02269
ヨウジウオの仲間。尻尾を草に巻き付けてるのがかわいい。

DSC02273
特大水槽。タカアシガニの存在感がすごかった。

DSC02277
タカアシガニにずっと踏まれてる人がいてかわいそうでした。足の先っちょめっちゃ鋭利なので絶対痛いと思う。

DSC02280 DSC02281 DSC02282 DSC02283

DSC02282
ガーデンイールはマリオの敵キャラみたいな動きをする。

DSC02290
ヒカリキンメダイの水槽です。生で見ると現像的な光の乱舞が美しく、5分ぐらいぼーっと見とれていました。

DSC02298
なぜかハリモグラがいる。なんで?

DSC02299
DSC02300
DSC02304
DSC02301
遊び心あふれる展示もあります。カニの水槽にハイヒール突っ込むアイデアすごい。片足だけ網タイツ履かせてるのもすごい。

DSC02306
クラゲはいいよね。

DSC02308
シーラカンスの剥製。

DSC02313
深海生物って短絡的につけられた名前が多いなーと思います。これはイガグリガニ。

DSC02319
DSC02320
DSC02321
DSC02322
DSC02323
DSC02324
DSC02325
個人的に感動したのがこちらの透明骨格標本。薬品を使って生物の肉の部分を透明にして、硬い骨は赤く、やわらかい骨は青く染めあげているらしい。僕が死んだらこれやって玄関先とかに適当に飾っといてほしいです。

DSC02326
メガマウスデカすぎ。

そんな感じで見応えのある水族館でした。深海魚好きな人はぜひ。僕は1人で2周するほど満喫しました。

DSC02333
沼津港深海水族館に行ったら近くのおみやげ屋さんでカメヤのわさびを買ってください。めちゃうまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です