接続はケーブル1本だけ。外出先でも気軽に2画面環境が実現できるモバイルモニターがめっちゃ便利

幼馴染の仕事を手伝うようになってから、仕事の進め方が少し変わりました。

これまでは一つの作業に集中するために、特定のアプリを全画面表示して没頭するスタイルだったのですが、ここ最近は同時並行して進める作業が増えて、全体的にマルチタスク寄りに。

日々の具体的な作業としては

  • 売上データをCSVで引っ張ってきてExcelで仕入れ伝票と照合しながら数字を眺める
  • Finderで撮った写真を選別
  • Lightroomで現像 & 書き出し
  • Photoshopで画像加工
  • 効率化した作業の手順をマニュアル化する
  • 仕事中の気づきをメモに残す
  • 顧客情報を簡易的なデータベースで管理
  • 発送伝票を印刷
  • 商品に管理番号をつけるためにWordの差し込み印刷を使ってラベル作成
  • Chrome Remote Desktopで幼馴染のWindowsを操作

などの作業を行ったり来たりしながらやっており、さすがにMacBook Proの画面1枚だけだと足りなくなってきているのを実感。デュアルディスプレイの環境構築について考え始めました。

で、普通に外部ディスプレイを買ってデスクに置いてHDMIで繋ぐ、みたいなのはもう散々やったので飽きたので、これまで使ったことないタイプのディスプレイを買いたいなと思いました。

DSC03428

そこで導入したのがモバイルモニター。これが大当たりでした。

  • 15.6インチでちょうどいいサイズ感
  • 片手で持てる & スタンドとカバーが一体型になってるので気軽に持ち運べる
  • ノングレアの1920 × 1080なのでどんな環境でもそれなりに見やすい
  • 接続用のType-Cケーブルが付属
  • 価格は15,000円ぐらい

と、全体的にいい感じ。

DSC03563

MacBook Pro 15インチと並べるとこんな感じ。

DSC03562

重ねるとこう。バックパックやスーツケースにも問題なく入ります。

DSC03564

本体重量は‎1.8kgぐらい。

DSC03561

カバー部分を開くとそのままスタンドになる構造。セッティングも楽です。

DSC03559

付属のType-Cケーブル1本で給電も映像出力もできるのがとにかく便利です。普通のディスプレイにありがちな電源アダプタ(大抵ゴツい)が不要なのが嬉しい。デスク上の配線もスッキリ。

帰省や旅行や出張などの際にとりあえず荷物に入れておけば、急な作業が入っても効率を落とさず作業ができるのが非常にめでたい。

  • リモートワークで2画面で仕事したい人
  • 旅先でも効率を落としたくない人
  • 気分転換に模様替えをすることが多い人
  • 卓上の配線をスパゲッティにしたくない人

はこういうモバイルモニターがしっくりくると思います。おすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です