山善の防災バッグと井村屋のえいようかん買ったからいつ災害起きても生き残れる

なんか最近地震とか台風とか多いですね。防災をしましょう。

山善の防災バッグ買った


何を準備すればいいのか全くわからない上に考えるのがめんどくさいので思考停止して防災バッグを買いました。中に色々と便利なものが入っています。

  • 雨風をしのいだり
  • 野営をしたり
  • 避難場所で生活することになったり

といったシチュエーションを想定した、一次避難向けに役立つセットらしいです。

井村屋のえいようかん買った

僕が買った防災バッグには食べ物が入っていないのでお腹が空きます。お腹が空くと食べ物が欲しくなることが知られています。食べ物を買いましょう。

  • そのまま食べることができる
  • カロリーが高い
  • 長期保存がきく
  • 暑くても寒くても大丈夫

という条件を満たすものを探した結果、羊羹を選びました。


手軽にエネルギーを補給できるので自転車乗りの人達の間なんかでも補給食として人気らしい。


5年間持ちます。


開けるとこのような。

食べてみたら普通に美味しくてお茶菓子として最適。非常食の概念を失念してバクバク食べてしまって追加発注しました。

ついでに水も備蓄しておくことにしました。2リットルより500mlの方が使い勝手が良い。重いのでAmazonで届けてもらうのがいいでしょう。

まとめ

そんな感じで数日間生き残るためのセットを用意しました。

かなりミニマムですが、「住んでるところが災害で過酷な感じになったらすぐに快適なところに引っ越すなり旅行するなりして逃げる」と決めているのでこのぐらいでいいかなーという判断です。

備えあれば憂いなし。とはいえこういうの、死ぬまで使う機会なく平和に過ごせたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です