久しぶりに自家製ベーコンを作った(香りの追求編)

DSCF1066
スーパーで国産豚のヒレブロックが半額になっていたので「久しぶりにベーコンでも作るか」と思って買いました。

DSCF1067
調味料です。

  • 胡椒
  • おろしにんにく
  • おろししょうが
  • ウイスキー

で仕込み液を作ります。今回は「とにかく香りが良いベーコン」を作りたかったので、カシーナロッサのトリュフ塩やシングルモルトウイスキーの頂点のグレンリヴェットなどで香りのブーストを狙っています。

DSCF1068
ビニール袋に全部入れます。分量は完全に目分量です。

DSCF1069
よく揉み込んで封。このまま冷蔵庫で1週間寝かせます。

DSCF1070
一週間後です。おはよう!!!

DSCF1073
おそらくこのままだと塩分が高いので塩抜きしました。30分ぐらい。

DSCF1079
それでは燻製をやっていきましょう。今回使うのはリンゴの木のチップ。香りが良くてお肉によく合う。

DSCF1080
燻製器にアルミホイル引いてチップをひとつかみイン。

DSCF1082
水抜き後にキッチンペーパーで水分をしっかり取ったヒレ肉を網の上にオン。

DSCF1084
強火。チップから煙が出てきたら蓋。

DSCF1085
90℃の熱燻で25分。

DSCF1087
勝利。

DSCF1090
はい。香りがめちゃくちゃに良いです。舌に乗せるといろんな香りが鼻を抜けていってびっくりしました。たぶんウイスキーを容赦なくドバドバ入れたのが正解で、このベーコンを噛まずに口の中に入れたまま一生鼻呼吸をし続けたい欲求に駆られます。

歯ごたえは脂身のないヒレを使ったためかどちらかというとチャーシューのような仕上がり。うまい。ナイスおつまみ。酒の種類を選ばないタイプのオールラウンダーです。

DSCF1095
久しぶりに燻製やると楽しいですね。焼き野菜とか薄揚げのチーズ焼きとかと一緒に食べて平日から泥酔してしまいました。またやろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です