MacBook Proをメモリ32GB CPU Core i9の強いやつに買い換えた

DSC09332
MacBook Proを新しいやつに買い換えました。数日使ってみての雑感とかを書きます。

買った理由

  • 2年使ったしそろそろ新調してもいいのでは
  • 仕事道具だし投資してもいいのでは
  • スペック上がることによって時間を節約できるのでいいのでは
  • OK買うしかない

外観とか

DSC09323
我が家にやってきた子です。2016年モデルの15インチから2018年モデルの15インチへの買い換えなので見た目やサイズ感は変わらず。

スペックとか

スクリーンショット 2019-01-29 17.32.13

  • メモリ:32GB(一番強いやつ)
  • CPU:2.9 GHz Intel Core i9(一番強いやつ)
  • SSDストレージ:512GB(そこそこ強いやつ)
  • グラフィックス:Radeon Pro 560X 4096 MB Intel UHD Graphics 630 1536 MB(そこそこ強いやつ)

にしました。

ストレージは大体クラウド & 外付けHDDで管理するので内蔵で増やさなくてもいいかなーと思って512GBに。ちなみに今回僕が買った本体価格が40万円ちょいなのですが、このSSDを4TBに増やすオプションを追加するだけでさらに+40万円ぐらいかかります。3.5TB増やすだけでMacBook Proが1台買えてしまう。

使い心地

DSC09329

2年前のモデルからの買い換えでここまで速くなるのかという感動がありました。32GBすごいCore i9すごい。

マルチタスクしまくってもサクサク。作曲用のソフト立ち上げながら写真現像しながらウェブブラウジングする、みたいな無茶しても全然ヘコたれない。

中でもLightroomで写真書き出すのが爆速になってて、「え、君こんなに速く書き出せるソフトだったの」ってびっくりしました。あとSafariのWebページの表示が明らかに速くなってます。毎日使うソフトがシャキシャキ動いてくれるととても気分がいい。

まとめ

そんなわけでメインの仕事道具が強くなってめでたい。「いい買い物をした」と思えるように仕事しまくって使い倒そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です