「1日1万歩」を1ヵ月続けてみたところ最高に調子いいので今後も継続してみる

毎日昼まで惰眠を貪る生活から一変、日の出とともに起床してお散歩に行く習慣をつけて早2ヶ月が経ちました。

ここ最近の1日の過ごしかた 2020年春版 アワヤスカ後でめっちゃ生活いい感じ編

2020年3月15日

気づいたら1日平均1万歩歩いてた

IMG_7937
iPhoneのヘルスアプリのデータをチェックしたところ、3月は1日平均1万歩超え。

2万歩近く歩いている日は京都の伏見稲荷(ほぼ登山)に行ったときや、取材のついでに3駅分ぐらい歩いたとき。逆に全然歩いてない日は雨が降っている日や、車を買って浮かれて丸一日運転してた日などです。

京都の伏見稲荷に行ってきた

2020年3月8日

生活をよりいい感じにするために大きいアメ車を買ってみました

2020年3月17日

前年同月との比較

IMG_7939
そしてちょうど1年前の3月のデータはこんな感じ。僕は歩くの好きなのでこの時点でも現代人にしては「まあ良いんじゃない?」ぐらいの歩数は歩けていたのですが、ここからさらに1.5倍ぐらいに増えたわけです。

「1日1万歩」をやってみた感想

以下、「1日1万歩」を続けてみた感想です。

  • 体調が良くなった。この時期毎年風邪ひいてたけど今年はずっと元気
  • 今まで以上に仕事が捗るようになった。気づいたら昼過ぎぐらいにTODOが全部終わってる
  • ちょっと痩せて体が引き締まった。けどこれはお酒やめた効果もあるかもしれない
  • 睡眠の質が上がった。日中にちゃんとすべての体力を使い切れてる実感がある

という感じでいいことだらけ。

「1日1万歩」を続けるためにあったほうがいいもの

履きやすい & 歩きやすいスニーカーがあるといいです。

こういうスリッポンタイプがおすすめ。

  • 玄関で踵を踏みながら雑に履いてまず家を出る
  • 信号待ちの間にちゃんと履く

ということができるのが良いです。些細なことなんですがこういう「歩きに出るまでにまず靴を履く」という一番最初に立ちはだかる心理的なハードルを低くしてあげると、習慣として続きやすい気がします。

逆に毎回靴紐を結ぶ必要があったら「靴履くのダルいな」ってなって歩かなくなると思う。なので僕は靴紐を所有していません。

紐靴は絶対に買わないようにしている

2019年3月26日

みんなも歩こうぜ

そんなわけで1日1万歩ぐらい歩くの良いです。特に朝イチで1時間ぐらい公園の散歩するのがおすすめで、日光を浴びることで体内時計が整ってセロトニンがドバドバ出るので脳の調子がめちゃくちゃ良くなります。散歩から帰宅する頃には「早朝の時点で体にいいことしたから今日はこの後何が起きても大丈夫」というタイプの自信も湧いて心身ともにブチ上がり。仕事がはかどるのもこの辺から来てるんだと思う。

脳内物質セロトニンを増やして効率よく多幸感を得るたったひとつの方法

2014年12月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です