M1チップ搭載の13インチMacBook Proに買い換えた

メインの仕事道具であるMacBook Proは2年使ったら買い換えるようにしていて、ちょうどそのタイミングでM1チップ搭載の新型13インチMacBook Proが発売されました。なので買いました。2週間ほど使ってみての雑感とかを書きます。

DSC01797

フルスペックにしてみた

今回メモリを16GB、SSDを2TBにカスタマイズしたものを購入しました。どちらもMAX。理由としては

  • メモリ:多ければ多いほど仕事がはかどる
  • SSD:データを全部本体に格納して外付けHDDを持ち運ぶ生活から脱却したい

です。

15インチ→13インチにしてみたら触れる機会が増えた

DSC01810

ここ最近持ち運ぶ仕事道具の総重量を1gでも減らしたい欲求がありまして、今回は13インチ版を選択しました。

ちょっと小さくなるだけで持ち運ぶハードルが下がって、MacBook Proを開く機会が増えた気がします。使いまくっていきたい。

JISキー→USキーに変更してみた

DSC01814

何かしらの変化をつけたくて、USキーモデルにしてみました。ずっとJISキー使っていたので超久しぶり。たぶん10年ぶりぐらい。

最初はタイピングしていて戸惑うことがちょこちょこありましたが、結局は慣れの問題。今後も意識してこういう刺激を脳に送ってあげたい。

端子2個しかないのはちょっと不便

今回のMacBook Proの端子はType-Cが左側に2つだけ。4つ欲しかったなーというのが正直なところ。右側にないのが地味に不便です。右側に充電器挿したいときって結構あったんだなーと思う。

音良い

スピーカーの鳴りがいい感じになっています。マイクも良くなってるらしい。曲作りのレコーディングに使ってみる予定。

移行アシスタント使うとシームレスに仕事開始できる

DSC01881
移行アシスタントを使えば環境移行が楽でいいですね。2時間半ぐらいでこれまでの環境をまるっと移行完了できました。

M1チップ速い

全体的に処理速度が向上しているように感じます。特にブラウジングしているときにページの切り替わりがサクサクで気分が良い。

MacBook Proと一緒に持っておきたいアイテム

ハブ絶対必要。Type-Aのケーブルでガジェットを充電したり、デジカメのSDカードから写真を取り込んだりできて便利。

近所のカフェでちょっと作業するときにこういう手提げバッグあると良くて、MacBook Proをパッと入れてサッと出かけられます。最近買ったスーツケースで長距離移動するときにも使ってる。

本体の充電とiPhoneの充電を同時にできるアダプター。旅行や出張のときに忘れたら死ぬのでMacBook Proの付属品とは別に購入して、カバンに入れっぱなしにしています。

とりあえずこの3つ持っておけば快適なノマドライフが送れると思う。

M1チップ搭載の13インチMacBook Proはいいぞ

DSC01811

そんなわけで全体的に大満足。「なんか最近パソコン遅くなってきたなー」って人はこの機会に買い替えてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です