毎月ひとつ新しいことに挑戦するぞプロジェクト2021年10月版:レザークラフト

毎月新しいことに挑戦するぞプロジェクト。今月はレザークラフトをやってきました。日常的に使うものや身につけるものを自分で作れるようになったら楽しいかなと思ったのが理由。

信濃町のAIDANAでレザークラフトを学ぼう

DSC04330

今回レザークラフトを教えてもらったのは信濃町のAIDANAというお店。信濃町役場から頂いた取材のお仕事のご縁があって店主の矢持さんにインタビューさせていただきまして、取材終わった瞬間にスクールに申し込みました。

革でコインケースを作ろう

革で作るもの第一弾はコインケース。

  • 型紙に沿って穴の印をつけて
  • カットして穴を開けて
  • 革を選んで
  • 縫い合わせて
  • ボタンをつける

というのがざっくりした流れ。

DSC04597 DSC04598 DSC04600 DSC04601 DSC04605

革の特徴や布との違い、それに伴う加工のアプローチや考え方などを雑談まじりに教えてもらいながらもくもくと作業するのが楽しい。個人的に穴を開ける工程が好きでした。ポンチを押し当ててハンマーでガンッてやると綺麗な穴があく。

DSC04610

ボタンの穴は大きめ。縫い糸を通すための穴は小さめ。

DSC04612

縫い糸は選べるとのことで、赤をチョイスしました。

DSC04613

縫う前に糸に蝋をつける工程。毛羽立ちを防いだり、縫い穴に通りがよくなったり、糸が丈夫になったりするらしい。蝋万能。

DSC04615

蝋をつけた後は革の手袋でシュッシュッてやって余分な蝋を落とす。

DSC04616 DSC04619 DSC04620 DSC04671

縫ってボタンつけて完成。茶色い革に赤い糸がいい感じ。気に入りました!

レザートレーを作ろう

楽しかったのでコインケースが終わった時点で2回目の予約を取りました。次なる作品はレザートレー。作る流れは前回と大体おんなじ。コインケースと違う点として、革が分厚いので縫うためにちょっと力が必要だったり、仕上げに裁断面をなめらかにする作業が入ったり。

DSC04742 DSC04743 DSC04745 DSC04747 DSC04749 DSC04751 DSC04753 DSC04755 DSC04758 DSC04759

こちらは茶色い革に茶色い糸で統一してみました。大人っぽくていい。

まとめ:レザークラフトは楽しいぞ

DSC04762

1コマ2時間の教室で革に関する知識を得られて、加工技術が身について、完成したものは愛着を持って永く使える。休日の過ごし方や新しい趣味にめっちゃいいと思います。

ちなみに矢持さんが優しくやわらかな教え方をしてくれるので、完全初心者でも問題なしでした。興味ある方はぜひ。

AIDANA 教室情報

先月の

2件のコメント

観音さんと趣味が被りまくってて怖い位ですが
自分もレザークラフトやってます!
作るのも楽しいですけど、道具を湯水のように揃えても全然お金かからないしコバ磨き楽しいし、インドアとしては実用性兼ねた良い趣味ですね!

もし自宅でもやろうと思うなら、Deteさんという革職人の方のブログが非常に有益なのでシェアしておきます!
https://dete-diary.com/page/3/

ポーカーのコメントを頂いたときからビビッときていました!(笑) いつか長野に来ることあれば声かけてください! 遊びましょう!

教えていただいたブログ、わかりやすくて最高です!
読み込んだら道具一式揃えてしまいそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です