毎月ひとつ新しいことに挑戦するぞプロジェクト2021年11月版:包丁とぎ

毎月新しいことに挑戦するぞプロジェクト。11月は包丁とぎを教えてもらってきました。前月のレザークラフトに続いて、講師はAIDANAの矢持さんです。クラフトワークの教室の雑談の中で「包丁とぎやってみたいんですよね」「僕教えましょうか?」という流れで予約させていただきました。

包丁とぎを学ぼう

DSC04954

とりあえず自宅にあった刃物を全部持参。

DSC04965

今回はその中から「古龍」という、信濃町で作られた菜切り包丁を教材にチョイス。残置物だったもので、サビまくっているので研ぎ甲斐がありそう。

DSC04967 DSC04968

砥石は#150で荒砥ぎして、#400→#2000と徐々に番手を上げて最後は#8000仕上げる、という流れ。

水を垂らしながら研ぐ。背の部分を浮かせながら研ぐ。砥石全体を使って一箇所に力が偏らないように研ぐ。うまく研げるとカエリという細い髪の毛のようなバリが出る。カエリを取って、ビニール袋で切れ味を確認したら完了。所要時間は30分〜1時間ぐらい。

DSC04971

引っかからずに刃全体でビニール袋がスッと切れればOK。

DSC04973

というわけで生まれ変わって笑えるほど切れるようになりました。

包丁とぎ、初めてやってみましたが黙々と没頭できる作業で、瞑想みたいで良いです。ショリショリと普段使う道具の性能を復活させながら、こまごました考え事が頭の中で浮かんで消えていく。脳のデフラグ。

砥石セット買ってもうちょい追求してみます。

先月の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です