LINEモバイルが遅くなってきたのでUQ mobileに切り替えたら快適になった

LINEモバイルが遅くなってきて、状況によっては使い物にならないレベルになってきたのでUQモバイルに切り替えました。

DSCF4530

生活圏内でLINEモバイルが遅くなってきた

以下、僕の生活圏内でのLINEモバイルの速度低下の様子です。もちろん速度制限かかってない状態。

  • 12〜13時ぐらいに1Mbps前後まで遅くなる
  • 都内に出たときにGoogle マップがまともに使えないレベルになる(特に週末)
  • ジムで運動中に4Gから3Gに落ちる
  • 大阪帰省中にずっと遅い

たぶん加入者数増えて通信を逼迫してるんでしょうね。MVNOの宿命。

検索したところUQ mobileの評価が良かった

で、LINEモバイルの最低契約期間の1年も過ぎていたので違約金なしで乗り換えることに。

ざっと検索したところ、ユーザーからの評価が高かったUQモバイルに決めました。

月額料金はちょっと安くなった

以下、今まで使っていたプランと乗り換え後のプランの比較です。

  • LINEモバイル 音声通話SIM 12GB:月額3200円
  • UQ mobile スマホプランM 9GB:月額2,980円

そもそもデータ容量が違うので正確な比較にはなりませんが、僕の使い方だと毎月ちょびっと安くなるかなーぐらい。

UQ mobileは家族割があるぞ

UQ mobileには家族割というものがあります。子回線が毎月500円割引。年間で6000円。寿司が食えますね。

うちは最近父親がスマホを使うようになってUQ mobileを使っているのと、僕が切り替えたタイミングで奥さんもUQ mobileユーザーになったので僕を親回線に設定して2人まとめて適用。

ちなみに注意点として、割引が適用されるのは子回線のみで親回線は1円も割引されません。なので僕は通常料金のまま。自分のお金よりも身近な人が2人幸せになるならそれでいい。いい人だなあと思われたいのでわざわざ言いました。

速度

快適です。速い。「っていうか今まで12〜13時以外も結構遅かったんだな」って改めて気づきました。

以下、朝昼晩でスピードテストをかけてみたのでスクリーンショットを載せておきます。お昼のピークタイムはちょっと速度落ちているみたいですが、使用感としては特に遅く感じません。

UQ mobileがイマイチなところ:サイトがちょっと見づらい

UQ mobileの公式サイト、ぱっと見た感じは賑やかでポップな印象なのですが、いざ申し込もうとすると何を入力したらいいのかわからなかったり、どこから遷移したらいいのかわからなかったりと、なんか全体的に見づらい設計になっていました。

まぁ申し込んでしまえばその後そこらへんは気にしなくてもいいのですが、数ヶ月に一度データ繰り越しの際にプラン変更のページを使う機会がありまして、その時のページもちょっと不親切だったりします。

たとえば「今月はほとんど使ってなくて6GB余ってる。しかも来月は半月ぐらい海外でほとんど国内で通信しないから3GBのプランに下げておくか」ってときにプラン変更ページにアクセスします。


料金プラン種別のセレクトボックス、「スマホプラン(V)」しか選べないならデフォルトで選択済みにしておいてほしいなーとか

その後の翌月から変更する料金プランを選択するところではデータ容量も金額も併記されていないので「スマホプランSって何GBで何円だったっけ」って気になって別タブで検索したりしてしまったりとか。

LINEモバイルはこの辺見やすかったなーと思います。LINEから該当ページに直接飛んだりできるのもよかった。

まあそうは言ってもスマホ使うときに一番大事なのは通信速度。UQ mobileに切り替えてからずっと快適にネットできているのでここらへんは目をつぶることができます。そのうちいい感じになることを期待して待つことにしましょう。

まとめ

そんな感じで快適なモバイル生活を手に入れました。今後も万が一遅くなったらサクッと見切って別のいいところに乗り換える判断をやっていきたい。そのときそのときでいいサービスを使って楽しい生活をデザインしていこう。

今ならキャッシュバックもやってるので速度の遅さに悩んでる人はぜひどうぞ。

UQモバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です