毎月ひとつ新しいことに挑戦するぞプロジェクト2020年3月版:落語

  • やったことないことに挑戦すると世界が広がっていいぞ
  • 定期的にやると世界が広がり続けて人生が楽しくなるぞ
  • じゃあ毎月何かしら挑戦して1年で1ダースの初体験を積み上げていこうぜ

というのを自分で勝手にプロジェクト化してやっています。

今月は落語家の人にインタビューする仕事があって、事前勉強のために寄席(よせ)を観に行ってきました。というわけで3月の初体験は「落語」です。

浅草演芸ホールで寄席を観よう

IMG_7194
今回行ったのは浅草演芸ホール。ここでは寄席が1年365日無休で公演されていて、いつ来ても落語や漫談や紙切りなどの芸を観ることができます。

IMG_7197
入場料は1人3,000円。予約不要、っていうか予約できないシステムらしく、当日券しかありません。知らんかった。

IMG_7198
提灯かっこいい。

落語を初めて観た感想

中は撮影禁止だったので文字だけで感想や得た知見をざっとまとめると

  • 古くて意味不明なものだと思ってたけど普通に面白い
  • 出囃子(登場曲)が生音で良い
  • 演者と客の間でたまにやり取りがあったりしてライブ感がある
  • 公演中の飲食はOK
  • お酒飲んでる人とかもいる

と、想像していたより敷居が低かったです。あと当たり前だけどみんなユーモアがあって喋りがうまい。フリースタイルバトルとかをやってるラッパーの人なんかが行ったら絶対に勉強になると思う。

今回は奥さんと一緒に行ったのですが2人とも何度も声出して笑いましたし、「大阪から友達来たら連れてきたい」「っていうか普通にまた来たい」と思うほど。

面白かったのは

  • 桂幸丸さん(落語家)
  • 瀧川鯉橋さん(落語家)
  • 林家喜之輔さん(紙切り師)

のお三方。YouTubeで検索しても全然出てこないので寄席メインでお仕事されてるんだと思います。興味ある方はぜひ観に行ってください。

もんじゃ最高

IMG_7206
落語のあとのご飯はもんじゃ焼き屋さんへ。東京の良さをギュッと圧縮した1日でございました。

先月の

毎月ひとつ新しいことに挑戦するぞプロジェクト2020年2月版:低温調理

2020年2月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です