毎月ひとつ新しいことに挑戦するぞプロジェクト2020年4月版:カホン

人生の幅を広げるために毎月新しいことに挑戦するぞという個人プロジェクト。今月の挑戦は「カホン」です。

カホン is 何

ペルー発祥の打楽器です。Cajónはスペイン語で「箱」という意味で、その名の通り箱型になっています。素手で叩いて鳴らします。叩く位置によって音が微妙に変わって楽しい。

Why カホン

『ハイパーハードボイルドグルメリポート』を見た際、挿入音として使われているDADDI BAHMANIの『Modern Cajon Solo /// House & Electro Style』という曲がかっこよかったからです。

「俺もこれやりたい」と思って買いました。

カホン買った

DSCF4915
Schlagwerk(シュラグヴェルク)というドイツのメーカーが出しているカホン「CP4005」を買って、自宅でちょこちょこ練習してみました。

カホンやってみた感想

シンプルな作りで初心者でも楽しめます。叩けば鳴る。僕は暇なときやネットサーフィン中にテーブルをコツコツ叩いてリズムを取る癖があるのですが、それを大音量でやれる感じ。気持ちいいです。

ドラムセットに比べると小さな音ですが、それでもそこそこの音が鳴るので自宅での練習はちょっと難しいかもしれません。河原や公園やキャンプ場なんかに持っていってドコドコ鳴らすと楽しそう。

カホンやってみて1ヶ月

その後完全に飽きてしまって、今はスツール的に部屋に置いています。そのうち売ると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です