シボレーエクスプレスのトラブルコード:P0446(EVAP不良)を直したので手順メモ

DSC03104
先日購入したフルサイズバン、シボレーのエクスプレスのチェックランプが点灯してしまいました。

DSC03105
ハンドル下の端子にOBD2スキャナを通してみたところトラブルコードはP0446(Evaporative Emission System Vent Control Circuit)でした。直しましょう。

トラブルコード:P0446とは

「Chevrolet Express P0446」で検索をかけたところ、以下のページがヒットしました。

Chevy Express P0446 OBDII Code Diagnosis | Drivetrain Resource

上記ページによるとP0446のトラブルコードが意味するのはEVAP(蒸発放出)ベントシステムの機能不全とのこと。

EVAPとは

  • ガソリンの燃料蒸発ガスを大気解放せず
  • チャコールキャニスターという汚染防止装置を通して
  • 混合気と一緒に燃焼させるシステム

のこと。燃料蒸発ガス(=揮発ガソリン)は有害なのでそのまま大気解放しちゃダメなのです。

トラブルコード:P0446の症状

P0446のEVAP機能不全に陥ると、以下2点の兆候が現れるようです。

  • 燃費がちょっと悪くなる
  • マフラーから出る排気ガスがガソリン臭くなる

僕の場合はエクスプレスを中古で買ったばかりだったので、燃費も排気ガスの匂いも「こういうもんなのかな」という感じで気づきにくかったのですが、2点とも「言われてみれば確かに」という感じでした。

トラブルコード:P0446の緊急度

  • 走行に支障をきたすような差し迫った問題ではない
  • が、早急に直すに越したことはない

という温度感の問題らしいです。「んじゃそのうち直すか」と思って300kmぐらいこのまま走ってました。

トラブルコード:P0446の直し方

トラブルコード:P0446の解決方法は以下の通り。

  1. ガスキャップがきちんと閉まっているか確認する
    • もしガスキャップが劣化していれば交換
  2. ベントバルブを交換する
  3. ベントバルブに繋がっているホースが劣化していれば交換する
  4. チャコールキャニスターを交換する
  5. 燃料タンクを交換する

上から順にやっていくことにします。結論から言うと、僕の場合は②のベントバルブ交換で解決しました。

手順1:ガスキャップ確認

DSC03102
まずはガスキャップ周りを疑います。社外品の鍵付きのものに交換されていて、劣化はしていませんでした。念のため気休めに清掃。

  1. ガスキャップを外して
  2. 汚れを拭き取って
  3. 強く閉める

上記手順の後、OBD2スキャナーを使ってチェックランプを消しましたが少し走るとチェックランプが再度点灯。ガスキャップは問題なさそうだったので「まあそうですよね」という感想。次の手順に進みます。

手順2:ベントバルブを交換する

続いてベントバルブを疑います。大抵の場合このベントバルブを取り替えれば解決するそうなので、新品に交換することにしました。

Yahoo!ショッピングで「EVAP エクスプレス」で検索したところ年式に合うものを発見。注文。送料込みで5,000円ぐらい。

Yahoo!ショッピング EVAP エクスプレス

僕はワールドパフォーマンスサービスというお店で購入しました。事前に車のVIN#(シリアル番号的なやつ)をメールで送ったらお店の人がパーツの適合確認をしてくれます。親切。

16207081536871
2日で到着。

DSC03180
腹下に潜り込んで交換作業を開始します。


今回交換するベントバルブは上のイラストの22番のパーツ。運転席側、燃料タンク横にチャコールキャニスターという箱があり、その脇に繋がっています。

16207068648765
潜り込んで手探りしていると、この箱の内側にそれっぽいものがありました。このままだとアクセスできないので箱を取り外します。13mmの六角ねじ3本で留まっていました。

16207068649407
1本だけ入り組んだところにあったのでスネークシャフトを使ってアクセス。小さめのレンチかラチェットでもいけると思います。

16207068649550
箱外した。

16207068805678
ベントバルブ発見。赤いツメのセンサーとホースで繋がっているので両方取り外します。

16207068942796
取り外し完了。ホースは結構しっかりくっついているので気合い入れてグリグリやる必要がありました。

16207069225433
新しいものに交換。グリグリとホースに差し込んで、センサーをカチャッとはめ込みます。

16207069226068
3本の六角ねじを締めて箱も元に戻しました。

OBD2スキャナを接続してチェックランプを消そう

DSC03103
DSC03106
DSC03107
DSC03108
再度OBD2スキャナを使ってトラブルコードを消去。この後30kmぐらい走行したところ、チェックランプは再点灯しませんでした。やったね。

まとめ

というわけで無事解決。僕はベントバルブの位置がなかなか特定できず数時間かかりましたが、位置と手順がわかっていれば1時間ちょいの作業で終わると思います。

トラブルコード:P0446を解決するために使ったアイテム

最後に今回使った工具などをまとめておきます。

OBD2スキャナ。チェックランプが点灯したらこいつを挿してトラブルコードを吐かせて原因を特定しよう。

インパクトと6角ソケットとスネークシャフト。ベントバルブが格納されている箱を外すときに使用しました。

手が結構汚れるのでゴム手袋つけて作業するといいです。

ベントバルブ:Yahoo!ショッピング EVAP エクスプレス

今回交換した部品です。

関連記事

全長5.5メートルのフルサイズバン、シボレーエクスプレスを買って車中泊と田舎生活を全力で楽しむ

2021年5月5日

ここ最近の1日の過ごしかた 2021年春 ノマドファーマー車中泊編

2021年5月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です