川越市の環境プラザ「つばさ館」が何の施設なのか気になりすぎて一人で中に入ってみた

川越で最強の男になるためになぐわし公園PiKOAっていうジムに通ってるんですが、その隣に「つばさ館」という謎の施設があります。一体全体どんなところなのか気になりすぎて行ってきました。

 

到着。
IMG_1734

 

つばさ館からなぐわし公園PiKOAの方向を眺めたときの風景。最高に田舎。

IMG_1735

 

 

 

さて、乗り込んでみましょう。

IMG_1736

 

 

早速謎すぎるオブジェのお出迎え。でかい! なんかすごい! 空き缶とか使用済みのペットボトルとかが積み上げられてる現代美術的な感じです。確か一世帯の家族が1年間に消費するリサイクル可能な資材がこれです、みたいなアレでした。

IMG_1747

 

「資源をたいせつにしましょうね!」みたいなやつ。主なリスナーは社会見学で来た小学生だと思われます。

IMG_1748

 

 

 

施設内にはなんか色々と売っています。値段がものすごくおかしい。本1冊10円、服1着50円、お皿5枚のセットで200円とか東南アジアみたいな価格設定でグイグイ攻めてきます。

IMG_1737 IMG_1738 IMG_1739 IMG_1740 IMG_1741 IMG_1742IMG_1746IMG_1749IMG_1750

 

 

あと結構よさげな家具とかがいっぱい売られています。こちらは抽選制。2週間に1回ぐらいの頻度で抽選をやっているらしくて、欲しい家具の番号を書いておいて当選すれば購入することができます。ちなみに購入できるのは川越市民だけで、1人2点まで申し込むことができますとのこと。ダイニングテーブルとか高級そうな椅子とかが2000円ぐらいの値段でした。安いとかそういうレベルじゃない。

IMG_1743 IMG_1744   IMG_1752 IMG_1751 IMG_1753 IMG_1754

 

 

なんか自転車もありました。

IMG_1745

 

 

あとこれ! 不要になった小型家電を無料で引き取ってくれます。こちらも川越市民限定。「え! 粗大ごみだしお金かかるでしょ騙されないですよ!」と思って後日不要になった電子レンジを持って行ったら「はーいそこ置いておいてくださーい」って優しく受け取ってくれました。惚れた。

IMG_1755 IMG_1756

 

まとめ

・「つばさ館」は循環型社会形成推進基本法の基本原則にのっとり、ごみの発生抑制(Reduce:リデュース)、再使用(Reuse:リユース)、再生利用(Recycle:リサイクル)、更に、ごみになる物は断る(Refuse:リフューズ)を含む「3R+1R」を推進するため、市民、団体、事業者と連携し、3Rの普及啓発・リサイクル体験・情報発信・交流活動の拠点となる施設です。(公式HPからコピペ)

・なぐわし公園PiKOAから徒歩5分、ちなみに東武東上線霞ヶ関駅からなぐわし公園PiKOAまでは無料のシャトルバスが出ています。

・引越しするときとか、不要品が出たらつばさ館にまとめて引き取ってもらえば楽かもしれない。

 

公式サイト:川越市/環境プラザ(つばさ館)
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1269482555694/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です