香川県にある猫の楽園「男木島」へ写真を撮りに行ってきた

DSCF3802
2019年のうちにやりたいことのひとつに「猫がいっぱいいる島に行く」というものがありました。で、大阪に帰省したタイミングで四国の男木島(おぎじま)へ。上の写真は高松からフェリーに乗って小一時間、男木島の港からの一枚です。海最高。

男木島は猫いっぱいで最高

DSCF3807
到着してちょっと歩いたらすぐにカルテットに遭遇。ここの猫は住民にも観光客にも愛されていて警戒心ゼロ。寄っても逃げないしみんな撫でさせてくれる。

DSCF3808
ニャーン

DSCF3809
ニャーン

DSCF3812
島内にはいくつか飲食店がありますが、日曜日なのに営業してる店舗のほうが少なくて「マジで?」ってなりました。コンビニとかもないのでフェリー乗る前に軽食を買っておいたほうがいいでしょう。

僕らは売り切れ寸前だったタコ飯をすべりこみで調達成功。うまい。瀬戸内のこの辺はいいタコがとれるらしいですね。

DSCF3819
DSCF3823
港にいた人。毛並みふわふわ。いいもの食べてそう。

DSCF3833
歩いていると普通に遭遇したりする。ポケモンGOやったことないけどたぶん楽しさの方向性は同じだと思う。

DSCF3835
当たり前のように寄ってきて体を擦り付けてくる懐っこさ。耳がカットされてるのは去勢済みの証拠。

DSCF3824
DSCF3829
男木島はアートの島の側面もあるそうで、建造物が作品になっていたり、家屋がギャラリーになっていたりします。四国はなんかそういうのがうまいですよね。直島とかもそう。

DSCF3836
暴走族。

DSCF3845
先導してくれる三毛猫。

DSCF3849
DSCF3850
小さな漁港にはぶっ壊れた船のパーツや経年劣化したゴツい機械とかあってはちゃめちゃにかっこいい。

DSCF3859
ぶっ壊れた機械に猫が群がってたりして最高の極みです。

DSCF3857
DSCF3851
DSCF3871
DSCF3877
みんな本当に人馴れしてる。楽園です。

DSCF3866
黒い人。

DSCF3870
白い人。

DSCF3876
島の主オーラがある人。

などなど、滞在時間の50%以上は視界に猫が入ってくる最高空間でございました。

DSCF3804
ちなみに帰りのフェリー、定時便は上のように行列が半端ないです。臨時便(週末だけ出るらしい)は比較的空いてるのでそれを狙うのがおすすめ。

香川に来たら「わら家 (わらや)」のうどんを食べよう

DSCF3887
DSCF3891
DSCF3888
高松に戻ったあとは「わら家 (わらや)」といううどん屋さんへ。馬鹿でかい桶に入ったうどんを馬鹿でかい壺に入った出汁につけて食べました。香川のうどんは本当にうまい。えらく雰囲気のある日本家屋のお店。総合体験としても大満足。

そんな感じの小旅行でした。久しぶりにいっぱい写真撮った。

そのほかX-Pro2で撮った写真

最近FUJIFILM X-Pro2で撮ったポートレートあれこれ

2018年10月10日

X-Pro2にXF35mmF1.4をつけてナイトポートレートを撮ってきた

2018年4月29日

FUJIFILMのミラーレス一眼 X-Pro2のファーストインプレッション

2018年4月12日

水陸両用バス「スカイダック」の東京ベイトワイライトクルーズがロマンチックで大人のデートにいい感じ(ただしバスはピカチュウ仕様)

2018年8月14日

第13回東京蚤の市2018に行ってきた

2018年5月26日

2 件のコメント

  • こんにちは。香川県人ですが、男木島が猫の島になっているなんて知りませんでした。今度、機会があれば行きたいと思います。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です