『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を立川シネマシティの極上爆音上映で観てきた

DSC00074
立川にあるシネマシティという映画館には「極上爆音上映」なるサービスがあり、もう文字の並びの時点でかなりの凄みがあるのですが簡単に説明すると数百万円の高性能サブウーファーやスピーカーを導入し、さらに音響家に音圧などの調整を依頼して完全に「音」のパラメーターを最高に振り切った空間で映画を上映するというものです。頭がおかしい。

DSC00076
で、そんな極上爆音上映で『マッドマックス』が上映されていたので観に行ってきました。前から気になってはいたけど「絶対映画館で観るべき」という言葉を各所で見かけたので、ついに観れるぞという気持ちです。

上映時間が近づき、ノーモア映画泥棒や予告編の映像を眺めつつ、「音、全然普通やん」と思っていたら本編始まった瞬間マジでヤバすぎて圧倒的な圧倒に圧倒されました。

  • ドアを開ける音ですらドゴォン!! みたいな感じでいちいちド迫力
  • 銃声とか爆発に関しては爆音が座席に伝わってフィジカルに振動する
  • もはや映画というよりも盛大なアトラクション
  • 作品としてはひたすら暴力アンド轟音という感じで、鑑賞しているだけで自分のIQがみるみるうちに下がっていくのが実感できて最高
  • 登場人物の衣装がかっこいい
  • ストーリーは行って帰ってくるだけです

映画のジャンルとして好きか好きじゃないかで言うと完全に好きじゃないのですが、それでも最高だと思えるほどに最高でした。昔観たシルクドゥソレイユの『KA』以来に感じた「ずっと意味わかんないけどずっとすごい」というとても中毒性のある作品です。東京近郊の方で気になっている方は絶対立川シネマシティの極上爆音上映で観てください。

ところでこれ、上映開始が09:05というイカれたスケジュールで、早起きして自宅から乗り換え2回で片道1時間強、久しぶりに乗った通勤ラッシュの満員電車で気が狂うかと思いながら満身創痍で立川にたどり着いてちょっと後悔しました。が、電車で行ってよかったです。車で行ってたら帰り道でヒャッハーな運転して口に銀のスプレーかけて「俺を見ろ」って言いながら横転して爆発してたと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です