世田谷区の『豪徳寺(ごうとくじ)』でおびただしい数の招き猫に招かれまくろう

「招き猫がいっぱいいるお寺があるらしい」という面白情報を彼女が持ってきたので冒険してきました。場所は世田谷、豪徳寺(ごうとくじ)というお寺です。

豪徳寺には招き猫がいっぱいいる

DSC07319
正面入り口。豪徳寺駅から徒歩10分。

DSC07324
なんかでっかい岩。

DSC07325
ボランティアと称する謎のおじさんが「2階のところに可愛い猫ちゃんがいるんだよー」という定型メッセージを延々とリピートしており、「RPGで何度話しかけても同じセリフばっかり返す村人Aみたいな人を現実世界で初めて見た……」と思いながらセリフに従って眺めてみました。

DSC07325 2
ズームすると確かにいた。本物かと思ったら置物らしい。精巧すぎる。

DSC07339
んで奥に進んでいくとお目当てのゾーンがあります。招福猫奉納所。ここに招き猫がたくさん奉納されているらしい。

たくさんの招き猫、って言ってもハイハイどうせ噂に尾ひれがついて誇張された都市伝説みたいなもんでしょまったく東京の人は大げさなんだからと思っていたら

#gotokuji #manekineko #tokyo #cat #cats #japan #temple #豪徳寺 #招き猫 #東京 #猫

観音クリエイションさん(@kannnonn)が投稿した動画 –


多すぎやろ。

ってなりました。

DSC07365
上から見た図です。数の暴力。

DSC07340
正面。

DSC07342
別アングル。

DSC07348
頭の上にちょこんと乗ってるやつが可愛い。

DSC07357
feat. 像。

DSC07360
ちっこいやつ三兄弟。

DSC07362
風情がある。RPGだったらHP/MP全回復できるセーブポイント的な場所だと思う。

DSC07377
灯篭の中に家族みたいなやつとかもいました。

DSC07328
本堂的な場所。

DSC07330
中を覗いてみましたが本堂内には招き猫はいませんでした。

そうなるとこれだけの数の招き猫が集結している理由とか由来が気になります。知ってそうな人(2階のところに可愛い猫ちゃんがいるんだよーの村人A)が近くにいましたが聞くのをやめました。話が長くなりそうだったからです。

というわけでインターネットで調べました。

  • 江戸時代、井伊家のお殿様が通りがかった時にお寺の猫が手招き→お殿様猫の方へ→その後夕立&激しい落雷
  • 井伊家のお殿様「猫が招いてくれなかったら雷に打たれて死んでたわ。超感謝。今後葬式や法事は豪徳寺でやるからよろしく」
  • 豪徳寺の住職「猫マジ最高。招福猫児(まねぎねこ)って名前の人形作るしかない」
  • 豪徳寺が招き猫発祥の地に

という流れらしいです。またひとつ賢くなってしまいましたね。

豪徳寺

場所:154-0021 東京都世田谷区豪徳寺2丁目24−7

豪徳寺駅周辺も猫ポイントがいっぱい

ちなみに豪徳寺駅周辺は猫の置物やら看板やらがいっぱいあって楽しいです。

DSC07280
レストランの看板。

DSC07284
和菓子屋さんのシャッター。

DSC07292
タバコ屋さんのショーケース。

DSC07313
お休み処。

DSC07315
焼き鳥屋さん。

DSC07316
電柱。

DSC07381
蕎麦屋さんのショーケース。

DSC07394
そして豪徳寺駅前のオブジェ。

猫好きなら歩いてるだけで楽しい気持ちになります。いいところだ。

街歩きも楽しい

閑静な住宅街の中にポツポツとお洒落なお店があるので猫好きじゃなくても街歩きが楽しいです。

DSC07290
いい感じのフォントの酒屋さん。

DSC07293
道。

DSC07286
道。

DSC07309
道。

DSC07312
ペンギンの後ろ姿のロゴ。かわいい。

DSC07317
民家で当たり前のように佇むハト。

DSC07384
IRON COFFEEというコーヒースタンドを見つけました。というわけでコーヒータイムです。

DSC07386
注文してから淹れてくれます。オススメがルワンダの豆とのことで、アイスコーヒーをお願いしました。

DSC07390
ルワンダのアイスコーヒー。うまい! 酸味があって面白い味がします。

まとめ

というわけで東京小旅行記でした。来月は秩父に行く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です