河童橋でお皿をディグってきた

「上野駅の近くに台所用品を扱うお店が集結している商店街があるらしい」という面白情報を彼女がゲットしてきたので行ってきました。

DSC09341
上野駅から歩くと15分ぐらい。この日は尋常じゃないレベルの二日酔い(というかこの時点でまだ酔ってた)に加えて猛暑だったのでタクシーという文明の利器を使いました。

DSC09349
ワンメーターで河童橋に到着。

DSC09344
馬鹿みたいに大きいしゃもじ。

DSC09345
炊き出しできそうな寸胴鍋。

DSC09346
エキセントリックな陳列のお皿屋さん。

DSC09348
これでもかというほどのサイズを取り揃えた型屋さん。

DSC09351
謎の生首。

などがあり、「昨日あんなに飲み過ぎなきゃもっとちゃんと楽しめたんだろうな」という気持ちでいっぱいで、ずっと死にそうでした。

酒臭い息を振りまきつつ歩きながらポカリを2リットルぐらい飲んでおり、僕が彼女ならそんな彼氏とデートするの絶対嫌です。以後気をつけます。お酒やめよう。

DSC09372
マジで死にそうだったのでシャレオツなカフェで休憩。

DSC09363
ものすごくうまいアイスクリーム。

DSC09364
あとコーヒー。

DSC09368
内装もこれまたおしゃれ。

DSC09370
なぜかトナカイ。

1時間ぐらい休憩して瀕死状態からHP回復。買い物再開。

DSC09355
いろいろめぐったお店の中ではここが一番好みの食器が多くて、いろいろと買いました。生首のオブジェの対面にあります。

DSC09374
というわけでディグったお皿たちです。

DSC09376
取り皿。

手に持った質感がしっとりしゃりしゃりで良い感じ。何乗せてもいいと思いますがほうれん草のおひたしとかとfeat.するといい感じのバイブスを出してくれそう。

DSC09377
取り皿2。

厳かな雰囲気で、ホタルイカを乗せてみたら老舗の小料理屋のオーラが出ました。気に入りました。

DSC09378
小皿。

薬味を乗っけておくと目の端で程よい存在感。とてもいい青。

DSC09382
めちゃくちゃ薄い長皿。

北欧系の食器を取り扱っているお店に売ってて、なんか直感で「これ欲しい!」と思ったので買いました。4th-marketのマグカップ以来の衝動買い。

形状からして使い勝手はあまり良くなさそうですが秋口にサンマでも乗っけてみます。醤油垂らしたら確実にこぼれると思う。

DSC09379
トング(彼女用)

炒め物とか揚げ物にも対応できる耐熱仕様で、彼女曰くとても使いやすいとのこと。

DSC09380
トング(僕用)

丸十金網のセラミック焼網を使って宅内BBQをするときに菜箸だと熱い&ひっくり返しにくいので導入しました。机の上に置いても先っちょが机に触れない作りになっているので便利。

そんなこんなで行ってよかった河童橋。日常的にふたりで使うお皿をしっかり吟味するのって思いのほか良い体験で、

  • 選んでる時から楽しい
  • 帰ってきて調達したものを広げると楽しい
  • 毎日の食事が楽しい

と、ずっと楽しさの中にいることができます。

「食器なんかセリアでよくない?」とか思ってる僕が言うんだからもっとこだわりある人が言ったら楽しすぎて踊ると思う。

同棲してるカップルが行ってみたら間違いなく楽しめます。普段と違うデートコースに是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です