イタリアンのフルコース作ってみましたアモーレ!

数日前が彼女の誕生日でした。めでたい!!

で、何か美味しいものでも食べに行こうかと思いきや、彼女の仕事が激務すぎて外食できる時間に帰ってくることができない。さてどうしたもんかと思っていたところ、

行けぬなら
作ってしまえ
フルコース

という一句が頭をよぎったのでそのまま買い物に行って作ってみることにしました。

IMG 4009フルコース! イタリアン!!
複数品作りながら写真撮ってるとテンパりそうだったので完成写真のみ。

イタリアン フルコースのレシピ

簡単に作り方の備忘録。

前菜:カプレーゼ

■材料

      • トマト1個
      • フレッシュモッツァレラチーズ
      • バジル10枚ぐらい
      • 水菜少々(なくてもOK)

■作り方

      • トマトをスライス
      • モッツァレラチーズをスライス
      • バジルの葉っぱをちぎる
      • 水菜を5cmぐらいにカット
      • トマト、モッツァレラチーズ、バジルの順で盛り付け
      • 水菜乗っける
      • オリーブオイルと塩こしょうかけて完成

魚料理:鯛とスズキとホタテのカルパッチョ

■材料

      • 鯛(刺身用)
      • スズキ(刺身用)
      • ホタテ(刺身用)
      • レモン1個
      • 水菜
      • 黒胡椒
      • オリーブオイル

魚は白身魚だったらなんでもOKだと思います。

■作り方

      • レモンを半分にカット。半分は薄くスライスしてお皿に敷く。
      • 残りの半分でレモンビネグレットを作る。耐熱容器に入れてレンジで1分ぐらいチン(温めるとめっちゃ果汁出ます)。
        温まったら塩少々とオリーブオイル(75ccぐらい)入れて混ぜる。冷めるまで冷蔵庫で放置
      • 魚をそぎ切りにする
      • ホタテを食べやすい大きさに切る
      • お皿に盛り付けて塩と黒胡椒をふりかける
      • 5cmぐらいに切った水菜を乗せる
      • 2.で作ったレモンビネグレットをかける
      • 冷蔵庫で15分以上冷やして完成

レモンをチンすると火傷するレベルで熱くなるので、最初にチンしておいてその間に魚を切るとかの他の作業をしておくと作業が終わる頃にはレモンが冷めてて効率的に調理を進められます。

メイン:春野菜と生ハムのパスタ

■材料

      • パスタ
      • 菜の花
      • アスパラ
      • たけのこの水煮
      • 生ハム
      • 塩(パスタ茹でる用)
      • オリーブオイル
      • にんにく
      • コンソメ
      • 醤油

■作り方

      • 菜の花茹でる。結構すぐ火が通るので1分ぐらいでOK。茹でたら冷水にとる
      • パスタ茹でる。アスパラもカットして同じ鍋で茹でる。茹で汁カップに150mlぐらい取っておく
      • たけのこの水煮を食べやすい大きさに切る
      • にんにくみじん切りにしてフライパンへ。オリーブオイル入れて火にかける
      • 菜の花とアスパラとたけのことパスタ入れる
      • とっておいた茹で汁にコンソメ溶かしてぶっかけて醤油で味付け
      • お皿に盛り付けて生ハムちぎって乗っけて完成

パスタは炒める時間を考慮して少し固めに茹でるといいです。
味付けは少し薄めにしておくと食べるときに生ハムの塩気と相まって非常によろしいです。

肉料理:カチャトーラ

初めて知りましたがトスカーナ州の定番料理らしいです。カチャトーラは「狩人」って意味。

■材料

      • 手羽元500グラム
      • 玉ねぎ1個
      • 人参1/2個
      • トマトの水煮缶
      • 白ワイン100ml(なかったら調理酒でOK)
      • 塩こしょう適当量
      • バター

■作り方

      • 玉ねぎと人参をみじん切り
      • 圧力鍋にバターひいて手羽元を軽く焼く
      • 玉ねぎと人参を鍋に入れて炒める
      • 白ワイン入れる
      • 沸騰したらトマトの水煮缶入れる
      • 塩こしょうで適当に味付け
      • 蓋して強火。重りが上がったら弱火にして10分
      • 重りが下がるまで放置して味見。塩こしょう足して完成

時間かかるのでこれ一番最初に作っておくといいです。

あと買ってきたパンを温めてシャンパンで乾杯してお祝い。めでたい!!!

買った花。春色!

IMG 4012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です